2012年10月23日

日本会議千葉船橋支部結成大会講演内容

10月21日「日本会議千葉 船橋支部設立総会」に参加して来ました。日本会議は、美しい日本の再建と誇りある国づくりのための国民運動として設立された民間団体です。現在は自民党を中心に国会議員や地方議員や経済人が国づくりの政策提言を全国規模で推進しています。議員懇談会では安倍晋三自民党総裁が最高顧問をしています。船橋のS県会議員の紹介で参加しました。記念講演はテレビに出ている東海大学海洋部山田吉彦教授の「中国の動向と今後の日本の課題」について、主に尖閣諸島における中国の脅威についてでした。現政権のあまりにものんびりした認識と対応を今更ながら残念に思いました。K様の講演内容と一部ダブリましたが共産主義の脅威は同じでした。尖閣諸島問題にウソの口実を作り上げ、共産党の国家戦略としてあらゆる階層を使い日本にゆさぶりをかけ、東シナ海の海洋支配と資源ならびに漁業圏の拡大を実現しようとしています。沖縄をはじめ日本全体への侵略の布石ともいえます。日本政府が国家として誇りと威厳を持ってはっきりと意見を言わなければ危ない。また自衛隊や海上保安庁によってしっかりと国が守られていることを国民に教えていかないといけない。北方領土交渉も北極海航路の活用など経済協力の新しい時代に入るけれども4島一括返還から一歩も引いてはならないことも言っていました。ただ韓国との竹島問題について、両国の協力や協調は言わなかったです。。
posted by ドジやん at 16:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

石巻市再訪問

昨年9月の被災地視察&復興訪問に続き今年10月に現地視察と仮設住宅を慰問してきました。石巻市会議員の紹介で4箇所を回り、愛のメッセージと心のこもったプレゼントを一軒づつ手渡しました。3・11当時は生きているか死んだかというとても大きなショックでしたが、一年半が過ぎた今は新たな不安と心配があるようです。現地の人の話を直接聞かなければとてもわからないことでした。同居した家族のこと、復興時に吸い込んだ粉塵による肺炎、心のトラウマから夜も眠れない、復興計画の進展が遅くて将来への計画が出来ないことなどでした。市内の日和山公園下から一命を取り留めて助かった人の話では、一年前のチリ地震、2日まえの地震時に津波から逃れるために山の上への避難をしようと呼びかけたけれども誰も避難しなかった。今回の3・11時にも必死にヘルメットと笛を持って山に行こうと何回も何回も訴えたが、近所の人々はついてこなかった。7メートルの津波に襲われ、全員が町ごと死んでしまったと涙ながら話してくれました。本当につらい内容でした。狼少年のように思われたのでしょうが災難はいつどのような形で来るか解りません。大きな教訓をいただいたようです。実際に現地訪問をしてみなければ私たちの記憶から3・11の恐ろしい記憶と復興に携わった人々の絆が薄れていくようです。ぜひ、政府をはじめ国民が原発だけでなく地震と津波災害の復興にも真剣に取り組んでほしいものです。明日はわが身です。
posted by ドジやん at 09:33| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

憂うべき最近の世界情勢

2012年は世界中で緊張が高まっています。経済不況に異常気象、そして国家内での民族闘争と内紛、政治体制の不安定と混乱など枚挙に暇が無いほどです。なぜ、このときに不安が高まっているのでしょうか。なにか人類にとって新しい時代の夜明けを迎えるような気がします。絶望に見える中に希望の光が見えるようです。まさに真の家庭と統一運動が大きな流れをつかみそうな気がします。東アジアにおける中国との尖閣問題は韓国との竹島問題と質的に違います。資源がほしいばかりに急遽国家権力を動員して強引に歴史をかえようとする中国と日韓米の安保体制下にある韓国とは比較するほうが間違いです。日本政府もそのことが十分解っているとは思いますが、なぜか同一レベルにしようとする左翼マスコミの影響から抜け出せません。日本人の誰も中国の共産主義体制を良いとは思っていないのに、経済協力という金の魔物に引っ掛けて中国に気兼ねしています。残念なことです。アメリカのオバマ政権は世界のポリスマンの使命を投げ出し自国の凋落に手をこまねいています。せめて日本は日本のみならず世界的な観点から同じ先祖を持つ韓国と民主主義を守り天宙主義をつくりだしてほしいものです。
posted by ドジやん at 11:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。