2009年12月11日

小沢一郎民主党幹事長外交の危惧

今回の小沢一郎民主党幹事長と中国胡錦濤国家主席との会談の映像を見ました。今回の訪問はまるで日本国代表のごとき規模で、国会議員などの配下を引き連れての朝貢外交に見えました。中国経済の資本自由化が進み、わが国の景気回復の大きな頼り綱になっている現状にあるにしても国家の安全を考えた外交を展開しなければ、中国に日本を売り渡すような印象を受けてしまいます。民主主義を守るための日米・日韓関係であり、共産主義中国とは相容れない括弧たる信念がなければ情けないです。民主党連立政権の確固たる思想なき日本丸の運行は日本を舵のない船に乗せて太平洋に船出するような、無責任極まりない蛮行です。自民党の混迷と併せてしっかりせよといいたいです。マスコミの報道は相変わらず現政権に甘く、国民の焦点をぼかせているように思えて残念です。
posted by ドジやん at 10:58| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。