2009年12月27日

文鮮明先生自叙伝出版記念大会の感動

本日、文鮮明先生自叙伝出版記念大会があり参加しました。特別講演の先生から、日本についての問いかけがあり、随分恥ずかしい思いになりました。日本の歴史や皇室のこと、日本人や日本のよさなど本当に知らないことや忘れてしまっていることが多くあり、質問に答えられずにあなたは本当に日本人ですかと笑って言われました。戦後生まれの私にとって明治以降のことは軍国主義や戦争責任など悪いことが刷り込まれて教育されていたことに気づきました。今の若者が愛国心を失い、日本の未来に生きがいを感じられないのは、日本人の誇りを失ってしまったからでしょうか。軍国主義国家から民主主義国家へという、さも居心地のよさそうな戦後教育は、日本の歴史における悪の部分をことさら強調し自分の国を愛するという基本をないがしろにしてしまったようです。国家を愛し、世界を愛し、平和な世界実現のために90歳のご高齢にもかかわらず、青年の気概を持って読む人に愛と勇気と希望を与えてくださっている文先生。日本中が先生の自叙伝を読めば、政治や経済も一気によくなると思いました。日教組の先生方、目を覚まして下さい。一部の偏ったマスコミの皆さま、真面目に世界や人類を愛しているのでしょうか。国民を安易で楽な道へ誘導しないで、苦労しても人生の生きがいと見い出し、世界のために貢献する日本人を作ってください。家庭を愛し国を愛し、世界を愛する人になりましょう!文先生ありがとうございます。
posted by ドジやん at 23:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。