2010年06月09日

菅内閣に潜む国家破壊

菅内閣が始まり、鳩山・小沢政権の終焉とマスコミは持ち上げておりますが本当にそうでしょうか?ただ参議院選挙に勝てばいい。うまい汁を吸い続けたい。内部の問題にはふたをしてただただ国民の目をごまかせばいいとの作為がはっきりと見え愕然とします。野党はやはりマスコミを通しての露出度が少ないので、国民に訴える力は弱いし、集約できる政党がわからないので投票行動が流動的で読めません。子供手当てなどは本当に国家の将来によいことでしょうか。苦しくても勉強し努力することで日々の生きがいが継続し、働くことが生活の糧を得ることだし、自分を高めることにつながるということを子供たちや親にしっかりと植え付けなければなりません。勝手に幸せがくるのではなく、自分たちで勝ち取って築いていかねばなりません。楽は苦の種、苦は楽の種とありますようにつらい事や苦しむような汗と努力が大切でありそのことが他者を思いやりともに絆を深める基だと思います。日本の国をどのような国にしたいのかを問いつめれば民主党内閣は国をなくして、個人や家庭の集まりが国家を作り上げるような思想に見えてなりません。勉強不足なのではなくわかった上で政治を行っています。実に恐ろしいことです。社会主義をかくして個人主義の民主主義、国家なしの民主主義、お金万能の経済主義、犠牲を馬鹿にする民主主義それらをなそうとしているのが菅内閣です。歴史を綴ってきた伝統文化や風習は先人の知恵が集約され残ってきたものです。自分だけが好ければいいという発想は人類の滅亡を呼びこみます。良識ある有権者や知識人がもっと発言してほしいですね。普天間基地の移転問題は東アジアの平和に対するはっきりとした裏切り行為です。中国の覇権主義に加担する国賊です。このようなことをはっきりと国民が知った上で選挙行動に出てほしいと思います。
posted by ドジやん at 18:08| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校の運動会今と昔

近くの小学校の運動会に参加しての感想です。来賓として暖かく迎えていただき楽しく運動会を見ました。マンションの子供たちが多く参加するので親しみがあるのでなおさらです。父兄は朝早くから子供のためによい席を確保しようと脚立をもって集まります。子供たちも登校する時から楽しいのか明るい笑顔でした。普段の登校時とは明らかに違っていました。プログラムを見て最初に競技の内容がわからないのに驚きました。玉入れはねらって投げてという競技名でした。徒競走は各学年ごとに名前が違い、全力!、ゴールめざしてまっしぐら、ラストラン、などでした。個性を出すとか特徴をつけるためでしょうが、プログラムを見て競技のイメージがわからないのでなれるまでに時間がかかりました。一生懸命に頑張る子供たちは可愛いし昔を思い出しては懐かしくもありましたが、時代の違いを痛感しました。騎馬戦とかリレー競技など同じものもありますが、リズムなど見なければわからないものが多かったです。それでも子供たちや先生やPTAの父兄が協力している姿は本当にすばらしいなあーと感動しました。準備や練習が大変だという思いになりました。私たちの運動会を秋にするので、参考にしようと競技や応援合戦で参考にできればと観戦しましたので身近なものとして感動しました。本当に今も昔もこのような運動会は楽しいもので親子や子供たちの絆を強く結んでくれます。地域と学校が協力して子供を育てることに喜びを感じます。ありがとうございました。
posted by ドジやん at 17:16| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦後教育のもたらした無責任時代

5月30日の統一ごみゼロ運動日に、わがマンションで清掃活動をしました。参加者は大人と子供合わせて100名でしたが、年齢構成は60歳以上の人が大人の40%を占めました。ポスター案内や管内放送で呼びかけましたが30歳から40歳の世代は住んでいる構成比の割合から見て少なかった。年に1回のボランティアとして一緒に落ち葉拾いをする人が少ないので同世代の人に聞いたところ、誰かがするだろうから自分は家で終わるまでじっとしている。管理費を払っているのでやる必要がないと思っている。などの気持ちを聞き本当に残念に思いました。特にボランティアという奉仕活動について金銭的見返りがないからしない。すべて自分中心で周りの人との共有感がなく、他の人の行いやイベントに批判することしかしないので、自分がボランティアをしても回りから批判されるのでやりたくないなど信じられない若い世代の母親や父親がたくさんいるようです。戦後教育は民主主義の名の下に個人の権利を強調して国や地域や人のために何かをすることの大切さや必要性をないがしろにしてきました。その結果が今の世代の親であるならば、その子供たちはもっとひどくなります。素直でかわいい子供たちの心が個人主義で固まってしまう危険を本当に危惧します。どうしたらよいのでしょうか。政治においても同様に国や世界のためにどうあるべきか、世界平和のために何をするべきか、あるいはそのことをなすことが嬉しくてたまらないという日本人を育ててほしいものです。教育の重要性と目指すものが如何に大切で将来の世界平和や家族の幸福のかけがえのない指針であることを願っております。
posted by ドジやん at 15:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。