2010年01月19日

日本を救う統一教会の真実

世界平和をめざす統一教会の教えを学び、そして文鮮明先生の自叙伝を読んで感じたことは、今まで、イエスキリストやお釈迦様などの宗教の開祖が生きている時代に評価されず、死後にその教えと人柄が認められ、万人に慕われるようになったことの謎が解けました。今の統一教会のイメージに通じるものがあります。ある人物が新しいことを問うとき、必ずそれまで良しとされた価値観や人間集団からの抵抗があります。自分たちの考えや行いが善であると信じている集団にとっては悪であり、どうしても防がなくてはならない存在に見えます。このような背景から、統一教会の悪のイメージ作りが始まりました。共産主義は間違っている、キリスト教をはじめ宗教は超宗教・超教派の争いをやめて、本来の神の教えを伝えなければならないと呼びかける文先生の教えは、当然、左翼勢力や既成キリスト教会から激しい攻撃目標になりました。「霊感商法」「親泣かせ原理運動」などの標語を作り上げマスコミに流すことにより、全国に悪の団体というイメージを植えつけ続けました。本来の教義やめざす理想世界を知らしめることなく、一方的な情報操作によって、人々の判断を誘導し、レッテルを貼りました。その結果、世界平和のための人材と基盤が世界中でひろまっているにもかかわらず、日本において迫害の宗教となっております。今回、12年以上にわたって反対牧師や改宗派と呼ばれる左翼弁護士から拉致監禁された続けた人が、解放された話を聞きました。あまりにも残酷で無慈悲な監禁生活は、孤独な死を覚悟する以外なかったと証言しております。民主主義で平和に満ちた日本でこのような拉致監禁被害者が4300人になるという想像を絶する内容です。現在の社会現象でもありますが、悪人や悪事が明らかにされ、正しいものが現れています。これからは、本当に世界平和や幸せな家庭をめざす統一運動の真実が明らかにされるでしょう。希望に満ちた2010年であり、日本の新しい夜明けになることを信じております。
posted by ドジやん at 20:15| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。